施工管理の求人が求める人材とは

施工管理 求人

建築関係の職業には様々な職種があり、あらゆる職種の人が集結してはじめて1つの建築物ができあがります。しかし実際にはどんな職業がどんな内容の仕事を行うのか、なかなか一般の人には知られていません。施工管理もその一つであるといえます。施工管理とは建築において、作業の工程を管理したり、品質や安全の管理を行う職業です。また原価の管理も行うため、建築を行うにあたって非常に重要な役割を持っています。例えばこの施工管理がうまく出来ていないと建設期間が延びてしまったり、予算よりも高くなってしまう場合もあります。建設業は最初にある程度の建設期間や、予算を算出し契約を行うため、こうしたトラブルは会社の信用を損ねかねません。今回はそんな施工管理の資格や求人の探し方についてふれていきます。

施工管理の求人に応募するために必要な資格とは

施工管理はなりたいと思ったら誰しもが簡単になれるというわけではありません。建築関係の職種の多くは国家資格が必要になりますが、施工管理も例外ではなくこうした資格が必要となります。施工管理の求人に応募するためには国家資格を取得していることが前提となるため、資格についてしっかりと確認し取得を目指さなければなりません。施工管理の資格は実は1種類だけではなく、建設や土木、電気など実に7種類にも分かれています。覚えておきたいのはこの試験はまず誰でも受けられるというものではありません。実務経験を数年重ねたうえではじめて資格の試験に挑むことが可能です。また専門の学科を受けて学校を卒業して実務を経験した場合と、指定学科を受けておらず実務を経験した場合では必要となる実務年数も異なるため注意が必要です。

施工管理の職業につくための求人の探し方とは

施工管理は実務経験をもったうえで資格の試験に挑戦できるため、まずは実務を経験する必要があります。建築業界では施工管理の資格をもった人材が慢性的に枯渇しつつあります。そのためまずはどんな建築関係の職業につくかを考えて求人を探し、将来的に施工管理を目指すという方法をとる場合が多いです。そのため最初から施工管理の求人に応募することは難しいですが、将来的に施工管理の試験を受けられる実務を積むことができる求人を探すことをおすすめします。求人の探し方としてはインターネットを活用すると効率がよいです。いつでも好きなときに求人を検索することができるため手軽に探すことができます。将来的に施工管理の職につきたい場合は教育システムがしっかりと整備されている企業の求人を探すことでより短い期間で仕事を行うことができるようになります。