施工管理会社の求人の特徴や傾向

施工管理 求人

施工管理の求人には、どの様なものがあるのでしょうか。まずは施工管理の仕事について見ていきましょう。施工管理の仕事とは、現場の監督をすることにあります。工事の工程管理や安全管理はもちろん、品質管理なども行います。建築現場に必要不可欠な存在です。工事が大規模になればなるほど、その工程は複雑になっていきます。そうなると技術者の数も当然増えます。施工管理による計画的で質の高い工事を行なう事が大切になってきます。言うならば、現場の中枢と言ったところでしょうか。施工管理の仕事がしっかりとされていないと、工事がスムーズに行なわれなかったりします。品質も落ちかねません。という事は建築現場の中枢であり、頭脳と言っても過言ではありませんね。それでは、施工管理の仕事を詳しく見ていきましょう。

施工管理の仕事内容について学びます

施工管理の主な仕事は、現場管理や監督業務です。発注者との打ち合わせや、技術者の指導を行っています。これは誰でも働けるわけではありません。施工管理技士という国家資格を取得する必要があります。施工管理技士には建築施工管理技士や管工事施工管理技士、土木施工管理技士などといった、いくつかの種類があります。建築現場で働くには施工管理技士の1級を取得する必要があります。では、施工管理の4大管理と呼ばれるものを見ていきましょう。1つは工事の人件費から材料費の計算をし、工程通りに工事が進むための管理をする事です。2つは工期を守る為の日程調整です。3つ目は品質管理です。4つ目は安全管理になります。すべての管理をしなくてはならないので、大変な仕事でもあります。それでは、求人を探すコツについてお話ししていきます。

施工管理の求人の探し方について

施工管理の求人を探している場合、多くは仕事をあっせんしてくれる場所を利用します。しかしそれだけでは条件に合った求人を探す事は難しいかもしれません。ではどうするかというと、インターネットを活用します。今やインターネット上にたくさんの求人が掲載されている時代です。自分の求める条件を入力するだけで、該当する求人が閲覧できます。CMでも多く見かける様に、いくつかのサイトがあります。ですから、一ヶ所のサイトだけで見るのではなく、いくつかのサイトで同じ条件で検索してみましょう。実際に気になった職場があったら、できれば見学をする事をおすすめします。一度見ておく事で、自分に合う、合わないの判断材料にもなります。そして面接では、条件をしっかりと確認しましょう。施工管理技士は国家資格ですし、重要な仕事を任されます。転職やスキルアップにも有利と言えます。